回収されたごみはどうなるのか?ごみ回収のその後を調査!

回収後のごみ処理って一体どのようなことになっているのでしょうか?気になる情報を特集しています! - 大型資源ごみとは

大型資源ごみとは

粗大ごみの中でも、自治体回収を行う場合には「大型粗大ごみ」というものも存在しているのである。
一般的な不用品の回収よりも少し料金は大きくなるが、便利に活用できる方法でもあるのだ。
リサイクルの希望なども同様に受け付けてくれているので活用していただきたいのである。

大型粗大ごみとは

各自治体によって多少は違いが出てくるのだが、オルガンや置物類は1.65平方メートルを超過するの。家具類や畳に関しては150センチメートルを超過するものという基本があるのだ。
オルガンにかんしては電子ピアノやエレクトーンは回収可能だがクラシックピアノは不可なので注意していただきたいのである。
これらにおいても自らの運搬が必要となるのだ。

料金について

大型の場合、1枚1000円のシールを購入していただくことになるのだ。
最低金額は1000円からで大きさや品目によって前後するのである。
リサイクルで利用する場合・持込みを希望するという場合に置いてもこうしたスタンスに変化は無いので覚えておくと良いのである。

利用のポイント

大型粗大ごみ1つを回収してもらうという場合は、自治体利用をするのが効率的ではあるが、回収品目が多い・買取をして欲しい・産業廃棄物や事業系のごみも合わせて出したいという場合には民間業者のほうが良い場合もあるようである。
利用前に比較検討をし、自分自身の状況や希望にあわせて選んでいくとより納得した形で利用できるのである。

ごみの結末



△PAGE TOP