回収されたごみはどうなるのか?ごみ回収のその後を調査!

回収後のごみ処理って一体どのようなことになっているのでしょうか?気になる情報を特集しています! - 申し込み時のポイントなどについて

申し込み時のポイントなどについて

粗大ごみを回収してもらいたい・不用品を片付けたいという場合、自治体や民間業者を利用するということが大半である。
このような場合、リサイクルの利用に関しては双方で・産業廃棄物やその他事業ゴミなどに関しては民間業者に依頼をすることになるのである。
では、ここで申し込み時の注意点などについて触れて行きたいのである。

自治体利用の際の注意点

申し込み日から「3日以内」の回収となり、指定時間(午前8時前後まで)に指定のごみ捨て場に置いておくことが大きな注意点である。
必ずこの時間までに運搬完了しておくようにしていただきたいのだ。
また、どんなに大きな粗大ごみであっても、自ら運搬をする(一部特例措置を除く)ことになるので運び出せるかどうかという事も考えて申し込みをしていただくことが大切である。

民間業者利用の際の注意点

料金に納得できているかどうかという点を先ずは考えたいのである。
分からないままに利用をすることによってトラブルにもなりかねないことから把握しておくことが重要だ。
急な予定変更やプラン変更にも対応してくれることが多いようであるが、スムーズな作業展開のためにもできるだけこのような事態は避けたいところである。

自らも効率化の意識を

それぞれの仕組みを把握し、効率的に利用することでより気持ちよく活用することができるのである。
求めるばかりではなく、自らの意識というものも考慮すると良いのだ。
こうすることで更に効率的に取り入れることができるのである。
なお、産業廃棄物の取り扱いに関しては自治体は不可・民間業者は業者によってことなるので申し込み時に確認していただきいのである。

ごみの結末



△PAGE TOP