回収されたごみはどうなるのか?ごみ回収のその後を調査!

回収後のごみ処理って一体どのようなことになっているのでしょうか?気になる情報を特集しています! - 未成年者の利用は可能か

未成年者の利用は可能か

粗大ごみなど日常生活を送っていると不用品というものは出てきてしまうものである。
このような場合、自治体サービスや民間業者の回収を利用していただくと良いのだ。
様々な方が利用できるかと思うのだが、未成年者の利用というところではどうなのであろうか。ここで、そうした部分について考えてみたいのである。

自治体利用をしたい

自治体サービスを利用する場合、未成年者であっても利用をすることは可能である。
保護者の同意というものも特に必要としないところから、気軽に利用をしていただきやすいのだ。
リサイクルを申し込むときにも同様である。
ただし、産業廃棄物は一般回収はできないので注意していただきたいのである。

民間業者を利用したい

民間業者の場合は、保護者立会いは不要と言う場合が大半ではあるが、同意は必要となってくるのである。
やはり、場合によってはある程度の回収料金が発生するという事も要因の1つとなっているのである。
未成年者の1人暮らしなどと言う場合は、書面で同意という事も可能であるので大きな手間という事はないようである。
なお、産業廃棄物においては未成年者の申し込みが不可ということもあるようなので、事前に確認をしておくと良いのである。

承諾はとろう

寮などに住んでいるという場合は、念のために寮サイドに確認や許可を求めておくことも重要である。
どのような方法においても未成年者利用は可能と思っていただいて良いのだ。
もちろん、民間業者を利用するのであればオプション付加も可能である。

ごみの結末



△PAGE TOP